無痛治療/安全管理

「痛い思いをせずに治療を受けたい」

これは、歯科医院を訪れる患者さんの誰もがお考えのことでしょう。当院では、痛みを取り除くための麻酔を行う際に、様々な工夫をこらしています。

表面麻酔

表面麻酔

麻酔し始めのチクリという感覚を軽減するために、麻酔の前の麻酔である表面麻酔の塗布を行います。バナナの香りがするペーストを塗ることで歯茎の表面を痺れさせ、出来る限り痛みを感じないように麻酔を行います。

麻酔液(カートリッジ)を温める

麻酔液(カートリッジ)を温める

麻酔液は体温に近い方が注入時の痛みを軽減できることをご存知ですか?当院では麻酔液が入ったカートリッジを人肌に温めて使用しています。

電動麻酔器を使用する

電動麻酔器を使用する

強い負荷をかけて麻酔薬を組織に入れると、その圧力で痛みを生じることがあります。当院は電動の麻酔器を採用することで、麻酔液注入の圧力を自動的にコントロールしています。「痛みを取るための麻酔なので、出来る限り痛みのないように行いたい。」これが当院の方針です。

院内感染対策

衛生面に配慮した診療をこころがけています

限りない安全を求めた消毒、滅菌

治療で使用する器具は全て洗浄し、オートクレーブという滅菌器を用いて、135℃の高温と2気圧の高圧下で感染性物質の芽胞を含むすべての微生物を殺滅除去します。
また従来滅菌が困難であった治療用エンジン・モーターも別の専用オートクレーブで完全に滅菌処理しております。 コップやエプロン、注射針などはもちろん患者様ごとに使い捨てになっております。
感染症などを防ぎ、免疫力の低いお年寄りやお子様まで安心して通っていただけるよう徹底した滅菌処理を行っております。

DSC_2722 限りない安全を求めた消毒、滅菌02

右の写真はcare3 plusという洗浄機で、歯を削るときの機械(タービンなど)をオイルと空気を同時に送ることで、目に見えない菌や削りカスを完全に洗い流すことができる機械です。
これは人間の手では絶対にできません。患者さんの目には見えないところでもこのような機械を導入し、徹底した衛生管理を心がけています。

care3
エプロン

エプロンは使い捨てを使用しております。

コップ

紙コップも使い捨てです。

滅菌パック

治療に使用する器具は毎回滅菌処理を施し、パック詰めにして保管しています。

患者さんに納得していただける「清潔」を維持する為に

患者さんに納得していただける「清潔」を維持する為に

朝・夕とスタッフ全員で細かい部分まで掃除していきます。
また定期的に、専門業者に委託しフロアクリーニングを実施しています。