歯周病治療

虫歯とともに、歯を失う病気として挙げられる「歯周病」

DSC_9780

口腔衛生習慣の改善により、日本人の虫歯は減少してきました。しかし、歯周病はあまり減少することなく、歯の喪失原因の第1位になっています。
「年齢が上の人の病気」というイメージがありますが、30代以上の現代人の約80%歯周病にかかっており、初めは自覚症状がなく、痛みもないうちに進行し、気づいた時にはかなりの段階まで進んでいることも珍しくありません。
歯周病とは、歯を支えている歯周組織に関する病気の総称で、歯肉の炎症だけをいう「歯肉炎」と、悪化して歯槽骨までおかされた「歯周炎」の二つに分かれます。
「歯肉炎」の段階なら、正しいブラッシングなどで回復させることも難しくありませんが、歯周病が進行すると健康な状態に回復するまでに期間がかかる場合があり、治療自体も大変になってきます。
歯肉が腫れていたり、血が出たりと、少しでも症状を感じたら歯科医院で診察を受けましょう。
はま歯科では、歯周病の進行度合を詳しく検査し、その方の状態に合わせた治療(歯石除去など)を進めていきます。
また、喪失してしまった歯周組織を再生する治療法も、状況に応じて行っています。
お気軽にご相談ください。

歯周病は口の中だけではなく、全身の健康にも関係しています。

歯周病の進行過程

正常な場合 歯周炎 軽度歯周病
中度歯周病 重度歯周病 歯周病末期


歯周病は、国民病と言われており、生活習慣病として位置づけられています。
全身の健康に様々な影響を与える可能性があります。

  1. 歯磨き不良
  2. ストレス
  3. 喫煙
  4. 食事(よく噛まない)

などの生活習慣が歯周病を起こしたり、悪化させる大きな要因となっています。

糖尿病誤嚥性肺炎動脈硬化、さらには早産など全身のさまざまな病気と関わっていることも明らかになってきています。歯垢をしっかり取り除き、口の中全体を清潔にしておくことは、歯周病の予防のためだけではなく、全身の健康を保つためにも極めて大切なことなのです。

歯周病の治療とは

1.歯周病検査

まずお口の中の状態をきちんと把握します。
大人の歯の数は、親知らずを含めて上下16本ずつ、合計32本あります。
それぞれ歯を分析することで、治療方針に役立てていきます。
・歯周組織検査
・エックス線写真検査など

p01

2.歯ブラシ指導・スケーリング

・歯ブラシ指導
歯磨きの仕方は一人一人異なります。きちんと歯垢を除去することで歯周病の治癒、予防につながります。

・スケーリング
スケーリングは歯の表面の歯垢歯石を器械で取除く事です。歯ブラシでは取りきれない歯石を器械的に除去します。

p02

3.SRP(スケーリング・ルートプレーニグ)

スケーリングでは取りきれない、歯周ポケットの中に侵入した汚れを専用の器具を使用し取り除きます。

p03

4.再評価(歯周病検査)

治療後の状態を検査して、治療前と比較します。
治療結果をもとに歯周病が改善された部位・改善が不十分な 部位を確認し、今後の治療の進め方について御相談して決めていきます。

p01

メンテナンスの間隔

【毎月行った方がいい方】

中等度~重度の歯周病と診断された方
ご自身での歯ブラシが苦手でお口の中に歯垢が残りやすい方

【3か月に1回】

軽度の歯周病がある方
親知らずなど部分的に歯周病のリスクがある方

【6か月に1回】

歯周ポケットの状態が良好な方
プラークコントロールが上手な方