インプラントについて



失った歯を元のように戻すことは、歯科治療の中でも難しい部類です。今までの取り外しの入れ歯や、両側の歯を削るブリッジはいずれも、無傷の歯を傷つけ、さらに歯を失う原因になりかねませんでした。

プラトンインプラントシステム認定証

インプラント(人工歯根)治療は、歯を失った部分に周囲の歯に負担をかけないで、もう一度人工の歯を植えようという治療法です。
ここ10年ほどで飛躍的に確実性が増し、現在では失った機能を回復する際広く行われています。
当歯科医院でも、希望される患者さんが多く、ご満足いただいております。

当歯科医院のインプラント担当医は国内外、3メーカーの認定医であり、カウンセリング・検査・診断・説明をしっかり行い、安全な手術を行います。
また、設備と衛生の面において優れているとプラトンインプラントシステムに認定された医療施設ですので、安心して治療を受けていただけます。

インプラント ノーベルバイオケア 歯医者やインプラントの情報ならノーベルスマイル

今までの治療法との違い

歯を1本失った場合

【従来法】 従来法

抜けた歯の両端の健康な歯を削って連結しブリッジにします。

【インプラント】 インプラント

失った部分にのみインプラントを埋入しますので、健康な歯を傷めません。

多くの歯を失った場合

【従来法】 従来法

健康な歯にバネをかけ部分入れ歯を固定します。違和感があり、バネをかけた歯に負担がかかります。

【インプラント】 インプラント

失った部分にのみインプラントを埋入しますので、健康な歯に負担をかけません。入れ歯に比べると違和感も少なくなります。

すべての歯を失った場合

【従来法】 従来法

総入れ歯を歯肉との吸着力で支えています。噛む力が弱く味覚がおちます。

【インプラント】 インプラント

インプラントが顎の骨としっかり固定されます。ガタつきがなく安定します。

安心・安全・痛みの少ないインプラント治療のために

  • 当医院はCTを積極的に活用し、患者さんの負担をできるだけ軽くした痛くない、腫れない、期間の短縮されたインプラント治療を行っております。
  • インプラント担当医は国内外、3メーカーの認定医です。
  • 経験豊かな歯科衛生士が治療後のメインテナンスを行い、長持ちするよう患者さんと一緒に管理いたします。
  • 通常の治療より、滅菌レベルをあげた、専用の診療コーナーを設備しています。


新しいインプラントシステム ノーベルガイドシステム

ノーベルガイド

CTと解析ソフトにより高精度の診断が可能です

従来のインプラントは、まずインプラント体が骨にどのように入るか?という埋入条件が先にあったため、上部構造物が噛む機能、見た目などで制約を受けることもありました。

ノーベルガイドではCTデータをPCに取り込み、解析ソフトを使うことにより、総合的な視点からインプラント体を埋入することができるようになり、より安全性が向上しました。

また、これにより上部構造物もシミュレーション段階の時点から作製に取り掛かれるので、時間が大幅に短縮されたうえ、噛む機能と見た目も大きく向上しました。

サージカルテンプレート

ガイドによる埋入なので失敗がありません

ノーベルガイドシステムではCTデータに基づいてサージカルテンプレートを作製します。

このテンプレートにより、(歯肉の切開が不要になる)フラップレスでの術式が可能になりますので、手術時間の短縮が可能になり、通院回数を少なくすることができます。

即時負荷の上部構造体

仮歯・最終構造物も最短、術後に装着可能です

サージカルテンプレートを用いることで手術の事前に精度の高い仮歯、あるいは最終的な上部構造物の製作が可能になります。シミュレーション段階から事前に上部構造体を製作することで、手術をしたその日のうちに新しい歯を手に入れることが可能になり、術後、すぐに元の生活に戻ることができます。

※ノーベルガイドシステムは事前の検査とカウンセリングが重要です。詳しくはお気軽に医院までお問い合わせください。

当歯科医院のインプラント成功率

はま歯科で16年、市ヶ谷番町歯科クリニックでは10年間で合計約1000本のインプラント治療を行ってきましたが、現在のところ、撤去をしたケースはありません。

マイクロCT

日本歯科放射線学会

マイクロCT

はま歯科では、インプラント治療やその他、診断上必要と思われるときは、市ヶ谷番町歯科クリニックと連携をとり、 最新型の機器で撮影の上、診断に活用しています。

連携している、市ヶ谷番町歯科クリニックでは、GCのProMaxを使用しています。

当歯科医院ではインプラント手術後のCT撮影は無料で行い、治療結果を確認しております。『安全・安心』を第一に考えております。

症例 非切開(フラップレス)手術

非切開(フラップレス)手術前 非切開(フラップレス)手術後
この写真はその日の内に撮影したものです。 全く切開をしていませんので、出血はもちろん、痛みや、腫れといった不快症状がありません。 当院では院内のCTによる術前の精密な診査の上、できる限りこのような非切開(フラップレス)手術を行っています。


症例 (どの歯がインプラントかわかりますか?)

インプラントセット済み インプラント埋入後4年
この中に1本インプラントの歯があります。どれだかわかりますか? この歯です。(インプラント埋入後、4年経過した画像です)

インプラントはあなたの歯に合わせてお作りいたしますので違和感なく装着できます。

使用感

  • インプラントは顎の骨で固定する治療法ですので、ガタついたり痛みを感じたりすることがなく、天然の歯と同じような感覚で噛むことができます。
  • 発声の妨げになることがありません。
  • 入れ歯によるだ液の分泌障害などを起こすことがありません。

味覚

異物感がほとんどなくしっかり安定していますので、ご自身の歯と同じようにおいしく食事ができます。

審美性

歪みがないので、自然できれいな歯並びがよみがえります。

天然歯への影響

インプラント治療は健康な歯を削ったり支えたりすることがないため、ご自身の歯を傷めることはありません。

インプラントの価格について(税抜価格)

インプラント装着手術代・・・ 1本 ~ (症例により多少費用は変わることがあります。)
上部構造・・・ 歯1本