虫歯の治療について

虫歯について

歯を失う原因のほとんどは虫歯か歯周病です。
つまり、この2つを防ぐことができれば、生涯にわたって自分の歯を保つことができるのです。
当歯科医院では、そのお手伝いをさせていただきたいと考えております。

原因から考える

虫歯には主に3つの原因があるといわれます。



この3つの重なりが虫歯を引き起こします。

虫歯の進行と症状

エナメル質表面の虫歯です。

表面が白く濁ったり、奥歯の溝が茶色くなったりします。痛みなどの自覚症状はありません。ブラッシングなどで再石灰化して治ります。

エナメル質内の虫歯です。象牙質には達していないものです。

ほとんどの場合、無症状です。ここまでくると再石灰化はしませんが、この状態なら、比較的簡単な処置で治療可能です。

虫歯が歯の内部の象牙質まで進行している状態です。

甘いものにしみる、冷たいものにしみる、ジーンと痛む、噛んだ時痛むなど様々な症状が出始めます。治療回数はまだ少なくて済みます。

神経まで虫歯が進行している状態です。

常にズキズキと強い痛みを感じます。細菌に感染した神経を取り除く処置が必要です。治療回数がかかります。

虫歯で歯のほとんどがなくなってしまい、根だけ残っている状態です。

痛みの症状は峠を越して神経はほとんど壊死しています。根の先や、骨まで悪影響を与えています。抜歯になる場合が、ほとんどです。

虫歯の治療とは

1.虫歯の除去

虫歯は感染症のため虫歯菌を取り除かなくてはなりません。
最近は目に見ることができないために、虫歯を染めるお薬「カリエスチェック」を用いて、完全に虫歯を除去します。
感染が神経に及んでいる場合は神経を消毒します。

2.お薬を置く

虫歯を削って神経に近くなってしまった歯は神経への刺激を和らげるために、神経を保護するお薬を置きます。

2.神経の治療

感染した神経の治療を行います。
神経を消毒するために治療に回数がかかります。

3.歯の形を修復する

本来の形や機能を回復するために人工の詰め物や被せ物をして元の歯の形に修復します。

医院での早期発見と早期治療

DSC_9729

治療後は毎日の歯磨きと医院での定期的な検診を受けていただくことで虫歯リスクを最大限減らすことができます。
とはいえ・・
歯医者はなんとなく怖くて
痛い治療は嫌・・・
解っているけど、虫歯は進行しているけど、痛くないのでほったらかしにしている
いそがしいのでそのままに・・
というような方はまだまだ多いのが現実です。

怖い原因は治療時の痛みもそうですが、ドリルのキーンとした音や、今何をされているか解らないといった不安要素が大半のようです。
当歯科医院では痛くない治療を心がけているのは当然ですが、不安を解消していただくために治療についてのご説明をきちんと行います。不安な点や分からないことがあれば、お気軽にお尋ねください。