糖のお話

」と聞いて何を思い浮かべますか?

おいしいスイーツですか?
歯科において「」といえば虫歯を思い浮かべると思います。
また「糖質(炭水化物)」を制限してダイエット(`・ω・´) 思い浮かべる人います?
現在、糖質を制限して減量中の歯科医師の小笠原です。(ちなみにラ○ザップには行っていません)

「砂糖=麻薬」と言われているのはご存知でしょうか?
砂糖は様々な薬物よりも依存性が強いと主張する学者がいるのです。
食品業界では依存性の高い砂糖を多く含んだ食品を生成し続けています。
お菓子、飲料水など消費者が継続して購入してくれるように、魅了される製品開発にに時間やコストをかけています。
消費者の「健康」は無視し「会社の利益」を優先しているように思えます。

砂糖の健康害として様々な病気が挙げられています。
うつ病、糖尿病など生活習慣病、短期、冷え性、胎児への影響、免疫力低下、虫歯!!(・∀・) その他色々・・・
調べればきりがないですが、根拠があるか分からないものまでいっぱい出てきます(笑)
虫歯は確実ですね(´▽`)

そもそも人間は糖分を「雑穀」「芋」「豆」など、自然のものから摂取してきました。
これらはゆっくり消化されブドウ糖になり、エネルギーに変わっていきます。血糖値もゆるやかに変動します。
しかし、精製された砂糖は吸収が極めて速く、血糖が急激に上昇します。
血糖値を下げようと、すい臓から「インスリン」とういうホルモンが出て、急激に低血糖を引き起こします
次に急激に下がった血糖を上げるために副腎髄質から「アドレナリン」というホルモンが出てきます。
(簡単に示しましたが、摂取量や摂取頻度も影響してきます)
「アドレナリン」は興奮や攻撃性のホルモンです。
このように体のバランスを整える目的であるホルモンの過剰反応がイライラや暴力行為などの原因、ホルモンバランスをくずし
神経衰弱になるとも言われています。

また砂糖が体内に入ると、ビタミンB群やカルシウムを消費してブドウ糖に分解され、体内に吸収されます。
砂糖は果物と違いビタミン、ミネラルを除去して精製されているため、摂り過ぎると
ビタミンB群が足りなくなり疲れやすくなったり、
カルシウムが足りなくなり、不足した分は骨やから補うため、骨やが弱くなってくるのとも言われています。

他にも「糖」について調べればさらに詳しい説明や批判がいっぱい出てくるのですが、興味のある方はどうぞ。
その中で代用甘味料が開発されました。代用甘味料も批判的な意見が最近多くなってきましたね。
代用甘味料のことについてはまた今度お話ししましょう。得意分野ですので(`・ω・´)
商品開発はいたちごっこです。嗜好品は生活の中でほどよく楽しむことが良いのではないでしょうか。

たまには真面目なことも話してみました・・・

僕は普段甘いものは食べないのですが(もとからあまり好きではありません(´・ω・`)
歯科医師という立場から、甘いものはリスクがあります。そのリスクを自身で自覚して
虫歯を予防していただけると幸いです。