理事長よりごあいさつ

今回の地震に関しまして

日に日に甚大な被害と、被災地の方々のご不便な状況が報道されるにつれ、まさかこれが・・・の思いで胸がいっぱいです。
私も親戚が津波で家を失いました。
東北地方太平洋沖地震で被害に見舞われた方々のご回復と、被災地の一日も早い復興を心より祈念いたします。

 1995年の阪神淡路大震災の時、私と村井理事は別々の行動でありましたが、神戸・東灘区へ歯科ボランティアとして救援にまいりました。
この地震は発生時間が早朝ということもあり、入れ歯をはずして、そのまま家の外に飛び出した方が多く、入れ歯が無くて困っている人のために、緊急の入れ歯作りが主な任務でした。
六甲降ろしでとても寒く、校庭のテントの下での治療は、材料がなかなか固まらず、患者さんも自分もとても困ったことを鮮明に覚えています。

 そこで痛感したことは、普段からきちんと歯を整えておく大切さ。避難してやっと一息ついた時、「さあ、食べられない。」は大変な不便、障害です。生きる気力まで失くしてしまいます。さらに今回の東日本大地震被害の大きさは、桁違い。しかしながら当時と現在では大きな違いがあります。
 現在では、国民のみなさんに提供できる歯科医療は格段に進歩し、私ども峰瑛会の提唱する『入れ歯の無い快適な生活』が可能になりました。

改めて私ども医療法人社団峰瑛会の特色・コンセプトは

  1. 安全・確実・高度なインプラント治療の活用で周囲の歯に負担をかけず、噛み合せを回復します。

  2. パーフェクト・ぺリオの発明で、今まで患者さんの歯みがき頼みだった歯周病・予防治療に効果的な治療が可能になりました。

  3. 歯のかぶせものを院内にて製作しているため、品質管理が徹底でき、丁寧でより患者さんにあった治療ができます。また、有事の際の流通にも左右されません。

地震で思い出すこと。それは『普段からの歯の大切さ』
生きていく中で食べること、話すこと、その重要性を再確認して、歯は後回しではなく「元気なうちに歯を整えておきましょう」私どもはそのお手伝いをいたします。

医療法人社団 峰瑛会 理事長 濱 克弥



医療法人社団峰瑛会 経営方針

  1. 私どもの法人は分院展開をせず、いわゆる拡大戦略をとりません。そして現存の2歯科医院に戦力を集中し、毎日毎日レベルを上げています

  2. 患者さんや来院された方々の健康のためには、まず自分達の幸せがなくてはならないと考え、労働環境や職場環境の整備や研修の機会作り等を大切にしています

  3. 仕事を通じて、自分自身を向上させる社風作りをしています。行動指針は
    『掃除・挨拶・感謝』です

  4. 医療機関として来院された方に対して、治療技術や説明義務は当然と考え、人と人の接し方を大切に、心のふれあいをめざします

  5. 歯科医療のエキスパートとして社会に貢献し、日本の未来を明るくします

補足
基本的に、1日の業務にシフト制が必要ないような時間構成にしており、患者さんはいつ来院されても同じメンバーがいて、連絡が密にとれるような体制をとっています。
結果的に情報伝達のミス等を減らし、勤務時間の過長からくる、必要以上のストレスや集中力の欠如を減らすことで、より高品質な医療レベルを維持しています。
治療はうまくいって当たり前、説明は分かりやすくて当たり前の前提で、それ以上の心のこもった交流を大切に、「泥臭い」対応を重要と考えています。
医療法人社団峰瑛会は真面目で一生懸命な人の集まりです。